隠すほうが辛いEDは薬で治す!

ウィルス

勃起が上手くできず、満足な性行為もできないという勃起障害は、専門用語で「Erectile Dysfunction」と呼ばれ、略称ではEDのことを指します。
大まかに体の異常によって起こる器質性、精神的な問題から発生する心因性の2つに分けられ、そのどちらかの症状によって治療方法が異なるようになっています。
女性の前で男性器が勃起するというのは、自信の表れとも取れる状態のため、正常であれば男性らしく思われますが、逆に勃起ができない、あるいは勃起しても途中で萎えてしまうというEDに陥ると自己否定されたような気持ちになって悩んでしまうようです。
症状が発生してから数回程度であれば、まだ大丈夫と自分を慰めることもできますが、繰り返し勃起できずにいると徐々に自分が駄目になっていくような感覚に囚われてしまい、人前で見せることも苦痛になってしまいます。
最後には女性の前で脱ぐことも勃起することも叶わず、EDであることを悟られないように隠して生きていくようなことにもなってしまうようです。
最初は器質性によるEDだったものが、「自分はもう駄目だ」「いくらやっても無理だ」と考えていくと、心因性のEDまで併発してしまい複雑な状態として治療が困難になってしまいます。
恥ずかしいと思いながら隠して生活していると、治療も叶わずその後の夜の営みが行えなくなるので、早いうちに治療することが大切です。
現在では器質性や心因性に関わらず、勃起させることができるED治療薬があるので、上手く利用することで性行為へのトラウマや自分を卑下してしまうような精神的な問題から開放されるようになります。
パートナーがいる場合は、恥ずかしくても相手に話して手助けしてもらうことで、意外と簡単に治ることもあるかもしれません。
原因が何であれ治療薬を使用すれば勃起を取り戻すことができるため、早めに病院で受診するようにしましょう。

サイト内検索
人気記事一覧