神経質な性格でEDはバルデナフィルで精神的苦痛解放

循環器系に障害があったり、脊髄損傷などが引き金になって神経に異常が発生すると、EDの症状を発症しやすくなります。
このような原因を器質性と呼びますが、もう一つ、心の問題が引き起こす、心因性のEDも存在します。
心因性の症状を引き起こすのは、ストレスを感じやすいタイプの人です。
仕事やプライベートで不満を抱いていたり、あらゆることに神経質になりすぎて心に余裕がない、ネガティブ思考が癖であるなどです。
そのため、うつ病といった精神疾患を持つ人が、EDを発症する例も珍しくありません。
精神疾患を持つなら、その治療に専念する、精神疾患とまで行かない状態であれば、ストレスと上手に付き合う方法を考える、神経質にならずに、心にゆとりを持つ工夫をするなどの対策をしましょう。
これだけで、EDの症状がよくなる可能性があります。
とはいえ、心因性の要因を今すぐ取り除くのは難しいといえますので、症状が改善するまでは、ED治療薬の力に頼るとよいでしょう。
薬の働きによって、性行為の際の精神的苦痛が和らぎ、治療効果を高めてくれます。
ED治療薬に使われる成分として、シルデナフィルとバルデナフィル、タダラフィルがあります。
日本の医療機関で処方される薬は、この3種類の成分に限定されます。
バルデナフィルが使われている薬は、レビトラという商品名です。
シルデナフィルを含む商品であるバイアグラの次に登場した、ED治療薬です。
レビトラは即効性があるのが特徴です。
空腹時であれば、20分後に効果があらわれます。
バイアグラに比べると食事の影響を受けにくく、扱いやすい薬になりますが、バイアグラと同様に食事に注意することで、高い効果が得られやすくなります。